八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

子牛価格44万3949円 黒島家畜市場

子牛価格が過去最高を記録した黒島家畜市場の2013年セリ=1月11日午前、初セリ

子牛価格が過去最高を記録した黒島家畜市場の2013年セリ=1月11日午前、初セリ

黒島家畜市場子牛価格推移(2011〜13年)

前年を23.6%上回る 2013年セリ実績 過去最高を記録

 黒島家畜市場の2013年セリ実績は、取引頭数895頭、取引総額3億6455万円で、前年を頭数で43頭(5%)、取引額で8338万円(29.6%)上回った。子牛の平均価格は44万3949円で、前年を8万4845円(23.6%)上回る過去最高を記録した。昨年、高齢母牛の更新で減少した取引頭数も増加に転じた。JA八重山地区畜産振興センターの又吉建夫センター長によると、今回の価格高騰について「全国的な素牛不足に加え、牛の系統、飼養技術の向上がある」としている。

 子牛の雌雄別平均価格は、雄(去勢)が47万7388円、雌子牛が40万320円。前年比で雄は8万1625円(20.6%)、雌で9万700円(29.3%)もの大幅な値上がりとなった。

 月別では、1月の平均39万6000円台の滑り出しから最終の11月では50万2643円と、同市場で初めて50万円を超える高値となった。

 年間で子牛の最高価格は雄子牛が65万1000円(11月)で、系統は父・北福波、祖父・安福久。雌子牛は52万7100円(5月)で、系統は父・百合茂、祖父・平茂勝だった。今年のセリ実績に黒島肉用牛生産組合の仲盛浩吉組合長(61)は「高齢母牛の入れ替えで、改良が進んできた結果。12月には宮崎や鹿児島のセリから優良雌子牛が導入される。まだまだ良くなる」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム