八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉宜丸 海保、捜索打ち切り

新垣宜豊さんの情報提供を呼びかけるチラシ

新垣宜豊さんの情報提供を呼びかけるチラシ

家族「生きていてほしい」 新垣さん、行方不明から6日

 石垣海上保安部は16日にプレジャーボート「琉宜丸」(0.9㌧)で釣りに出たまま行方が分からなくなっている石垣市新川の会社員、新垣宜豊さん(57)の捜索を21日も行ったが、発見できず、捜索を打ち切った。

 妻の恵子さん(57)は同日夜、当時の宜豊さんの様子について「釣りに出掛ける前、二人で海の様子を見に行った。何も変わらない朝だった」と振り返り、「天気が良いときは一人や仲間とよく釣りに出掛ける。仕事も好きだが、釣りも好き」と話した。

 父の行方が分からなくなったと知った次男の宜朝さん(30)は「知り合いの漁船で島を回り、海岸線を歩きながら探した」と話す。

 捜索打ち切りについて恵子さんは「家族として妻として、気持ちが許す限り探したい。どんな形でもいいから生きていてほしい」と願い、長男の宜寿さん(35)は「海保や捜索に携わってくれた方々に感謝している」と話した。

 海保によると、この日は第11管区海上保安本部石垣航空基地のヘリ1機と航空機1機が石垣島から与那国島まで広範囲にわたって捜索。また、台湾の海保にあたる機関にも捜索を依頼した。

  • タグ: 海難事故
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム