八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

北上市と友好都市締結へ  石垣市

岩手県北上市との友好都市締結に向けて意見を交わした関係団体の代表ら=19日夕、市役所庁議室

岩手県北上市との友好都市締結に向けて意見を交わした関係団体の代表ら=19日夕、市役所庁議室

来年1月のマラソン大会で

 石垣市(中山義隆市長)と市観光交流協会(宮平康弘会長)や石垣岩手かけはし交流協会(高木健会長)など8団体は19日夕、庁議室で、岩手県北上市との友好都市提携に向けた関係団体との意見交換会を開き、締結に向けて取り組むことを確認した。来年1月の石垣島マラソンでの締結を目指す。今後、8団体が北上市と同様、市議会12月定例会への議案上程を要請していく。

 石垣市と北上市は1994年に東北地方が大冷害に見舞われた際、岩手県の種もみ緊急増殖事業をきっかけに交流が続いている。北上市市商工会議所と北上観光コンベンション協会から要請を受け、高橋敏彦市長が中山市長に友好都市を打診していた。

 意見交換会で宮平会長は「北上市とは、ほかの友好都市と比べても遜色ないほど交流しており、早い時期に推進してほしい」と早期締結を求め、高木会長も「民間のかけはし交流は20年も続いており、機は熟した。この時期に締結することは東日本大震災で被災した人たちに対しても意義のある事ではないかと思う」と述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム