八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

やっと冬らしく 白保盛山で今季最低17度

自然界はすっかり冬景色。ススキの穂が満開している=バンナ公園

自然界はすっかり冬景色。ススキの穂が満開している=バンナ公園

 八重山地方は18日、石垣市の白保盛山で午前6時12分に今季最低の17度を観測するなど、各地でこの冬一番の寒さとなった。

 大陸高気圧の張り出しで冬型の気圧配置が強まったためで、石垣市伊原間で17・5度、西表島大原で17・3度まで気温が下がったほか、登野城18度、与那国18・1度、波照間で18・3度とすべての観測地点で12月上旬から下旬並みの気温となった。

 11月半ばを過ぎても

“小夏日和”が続いていたせいか、半袖姿と長袖姿が半々だった市内は、この冷え込みにジャンパーを着けるなど、「やっと冬らしくなったね」と話していた。

 日没もかなり早くなり、石垣島では午後6時前には辺りはもう真っ暗。気象台によると、19日明け方の最低気温も18度台を予想している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム