八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「サガリバナの森に」 100人が苗植える

秋晴れの下、サガリバナの苗を植える親子=17日午前、平久保のサガリバナ群落

秋晴れの下、サガリバナの苗を植える親子=17日午前、平久保のサガリバナ群落

新たな観光資源目指す 観光交流協会が50周年記念

 石垣市観光交流協会(宮平康弘会長)の創立50周年を記念した「さがり花100人植樹」が17日午前、平久保橋北側にあるサガリバナ群落(米盛三千弘さん所有の畑)で行われ、参加した家族連れなどがサガリバナの苗を植えた。

 100人植樹は、自然景観を保護するとともに、観光スポットとして平久保をクローズアップさせることで、北部地区へ足を伸ばす観光客の増加や星空と並ぶ新たな観光資源としてのサガリバナをPRするのが目的。

 宮平会長は「平久保の森を素晴らしいサガリバナの森として、世界に誇れるようにするためにも、皆さんの協力で北部地域の自然環境を守っていきたい」とあいさつした。

 記念撮影の後、参加者は自分の名札の付いたサガリバナの苗をスコップで植え付けた。

 家族で参加した大浜朋笑さん(登野城小5年)は「早く大きくなってきれいな花を咲かせてほしい」、平久保出身の母親と参加した新本妃代莉さん(石垣第二中1年)は「花が咲くまで成長が待ち遠しい」とそれぞれ話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム