八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

古謡をメドレーで歌う 東京やいまうた会

大勢の観客でにぎわった東京やいまうた会の10周年記念ライブ=9日、都内

大勢の観客でにぎわった東京やいまうた会の10周年記念ライブ=9日、都内

10周年ライブにぎわう 会場は厳かな雰囲気

 【東京】東京やいまうた会(岩井信幸代表)の10周年記念ライブが9日、都内で行われた。「ミシャグパーシィ(大神酒)」や「船ぬ親じらば」といった古謡のメドレーなどで八重山の歌の世界が持つ独特の雰囲気を演出し、客席からははやしや指笛が飛んだ。

 同会は八重山出身の民謡歌手、大工哲弘さんが全国で展開する「八重山うた会」の関東支部として2003年に発足。現在約30人の会員はすべて他府県の出身者で、民謡の背景を学ぶなど研さんを積んでいる。大工さんや郷友会などのステージに参加することもあるが、単独での公演は創立以来2度目。

 ステージは竹富島の「霧下りアヨー」で厳かに幕開けし、西表の「揚古見ぬ浦節」や与那国の「来夏世節」など島々の歌を網羅する構成。川平の「こーねまーぬあっぱー」と宮良の「こーねまーぬ主」という2曲の「こーねま(子守唄)」を歌い分けるなど、趣向を凝らした舞台となった。

 会場は大勢の観客であふれ、岩井代表は「こんなに多くの人々が詰めかけるとは」と感嘆の声をもらしていた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム