八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大浜中男子が逆転優勝 県中学駅伝

県中学駅伝八重山勢初優勝のゴールテープを切る大浜中アンカーの島袋太佑(2年)=今帰仁村陸上競技場(琉球新報提供)

県中学駅伝八重山勢初優勝のゴールテープを切る大浜中アンカーの島袋太佑(2年)=今帰仁村陸上競技場(琉球新報提供)

八重山勢初の快挙 全国大会出場へ

 第37回男子・第26回女子沖縄県中学校駅伝競走大会(県中学校体育連盟主催)が16日、今帰仁村陸上競技場を発着点とする国頭地区中体連駅伝コースで開催され、八重山勢は男子の大浜が、最終6区で豊見城を逆転し、1時間5分23秒で初優勝。八重山勢初の全国大会出場を決めた。女子は石垣の7位が最高だった。全国大会は12月15日に山口県、九州大会は今月30日に鹿児島県で開かれる。

 大会は男子が6区間20㌔、女子は5区間12㌔で行われ、男女とも25校が出場した。

 男子の大浜は、スタートで10位と出遅れたものの、2区以降着実に順位を上げ、2位でタスキを受けた最終区のアンカー島袋太佑(2年)が同競技場直前でトップの豊見城を抜き、逆転優勝に輝いた。

 女子は、石垣が1区の落合瑞歩(3年)、2区の新城志保(2年)の2人が区間賞と区間新の走りでスタートダッシュをみせたが3区以降、順位を下げ、7位に終わった。

 八重山から男子は大浜、石垣、石垣第二、船浦。女子は石垣中、船浦、石垣第二、白保が出場した。

 八重山勢の結果は次の通り。

【男子】

 ①大浜(1時間5分23秒)⑲石垣第二(1時間9分18秒23石垣)(1時間13分12秒24)船浦(1時間13分29秒)

【女子】

 ⑦石垣(44分09秒)21船浦(47分28秒)23石垣第二(47分49秒)25白保(50分20秒)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム