八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

晴れ着姿で七五三参り 桃林寺

七五三で参拝し、おはらいの後に手を合わせる川満洋和、由希乃さんと娘の琉央ちゃん、結愛ちゃん(左から)=15日午後、桃林寺

七五三で参拝し、おはらいの後に手を合わせる川満洋和、由希乃さんと娘の琉央ちゃん、結愛ちゃん(左から)=15日午後、桃林寺

健やかな成長願う

「七五三」の15日、石垣市石垣の桃林寺(小林昌道住職)には晴れ着姿の子どもたちが父母や祖父母に手を引かれ、参拝に訪れた。参拝は17日まで受け付ける。

 七五三は3、5歳の男の子と3、7歳の女の子の成長を祝う行事。訪れた親子は本殿でおはらいを済ませ、健康と成長を祈願した。

 小林住職から千歳あめや福あめ、お守り、落書き帳などが子どもたちに手渡された。

 高橋大祐さん(32)=石垣市新川=は息子の頼空(らいく)君(5)と颯汰(はやた)君(4カ月)とともに家族4人で参拝。「これからもけがなく、健康に伸び伸びと育ってほしい」と目を細めた。

 川満洋和さん(36)と由希乃さん(23)夫妻は娘の琉央(るな)ちゃん(3)とまたいとこの高松結愛(ゆあ)ちゃん(同)ら5人で参加し、初めてのおはらいを経験。由希乃さんは「娘は小さいころから病気ばかりしているので、無事にすくすく育つといいなと思う」と笑顔で語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム