八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

来夏から6隻体制へ 琉球海運

琉球海運の所有船の6隻体制後も補修して継続使用されることになった貨物船「にらいかない」

琉球海運の所有船の6隻体制後も補修して継続使用されることになった貨物船「にらいかない」

「にらいかない」は継続使用 家畜輸送に不可欠

 琉球海運㈱(山城博美社長、本社那覇市)は、来年5月の台湾航路開設に伴い、9000㌧クラスの新造貨物船を導入し、所有船を従来の5隻体制から6隻体制に拡充。台湾航路開設で見込まれる貨物量の増加に対応するほか、余裕を持った配船で、台風など悪天時に欠航が多い先島航路などで安定運航を確保する。

 また、石垣を含め、県内から牛や豚など生きた家畜の九州への輸送に対応するため、新造船導入に伴い当初、更新が予定されていた「にらいかない」(5613㌧)を継続使用する。

 同社の宮城茂専務によると、通常、新造船を導入する場合は所有する古い船を売却し、所有船数を増やさないようにするが、同船は、同社の所有船で唯一甲板に屋根が付いていない構造で、生きた家畜を運ぶのに適した造りとなっている。石垣港からは、毎月のセリで落札された800頭~1000頭の子牛などを専用コンテナや牛輸送専用トレーラーに積み、九州まで輸送している。

 現在、石垣航路には3隻が使用されているが、来年5月以降は新造船を含めた4隻が就航することになり、「セリの日程に合わせた配船も可能になる」(同社)としている。

 また、同船はプレジャーボートなど小型船の輸送にも活用されている。

 同社では、所有船の6隻体制に向け、船齢が17年と古い同船の代替船も検討したが、船型や速度、荷役スタイルなどで県内向け貨物に対応できる船がなく、用船料も高いことから同船を補修し、継続使用することにした。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム