八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

防災の大切さ学ぶ

 ▽…大本小学校が児童を保護者に引き渡す所までを含めた避難訓練を初めて実施した。10世帯中8世帯の保護者が参加し、児童らと一緒に津波・地震の恐ろしさや防災の大切さを学ぶ機会になった。この日はあいにくの天気で小雨がぱらつく中、児童らがグラウンドに避難。災害がいつ起こるか分からないことを考えると、雨の中の訓練は大変だが、もっとあっても良いかもしれない。

 

 ▽…県商工会連合会設立40周年記念式典で県知事表彰を受けた竹富町商工会。方言の継承を図ろうと、来賓あいさつでは県議がウチナーグチであいさつしたため、受賞者代表では上勢頭保会長も方言で話したという。竹富方言だと聞き取れない人が多いため、方言と標準語を織り交ぜたようで「敬語を方言にするのは難しい」と苦笑い。

 

 ▽…星空サミットが全国で初めて岡山県井原市美星町で開催され、来年は石垣市での開催が決定した。八重山は星の島として広く知られるようになったが、星に関する市民の知識はまだまだのよう。市では星空ガイドの養成講座も行っているが、新たな観光資源としての星の魅力を発信、活用するには市民の努力も必要だ。満天の星空を見上げる機会に星座の名前を一つでも調べてみてはいかが?

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム