八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サシバの渡りピーク バンナ岳

上昇気流に乗り、秋空高く舞い上がるサシバの群れ=14日午後3時半ごろ、バンナ岳渡り鳥観察所

上昇気流に乗り、秋空高く舞い上がるサシバの群れ=14日午後3時半ごろ、バンナ岳渡り鳥観察所

 「鷹(タカ)の渡り」で代表的な種であるサシバの秋の渡りが始まった。14日午後、2000羽ほどのサシバの大群が石垣島上空を通過し、数千キロに及ぶ壮大な渡りの一部をみせた。

 サシバの渡りは今月12日ごろから本格化し、14日までの3日間、バンナ岳の渡り鳥観測所から5000羽ほどの渡りが観察された。

 サシバはワシタカ科のカラスぐらいの大きさの鳥で、褐色の羽毛に胸の横じまが目立つ。夏に大陸や本土で繁殖した後、越冬のため南へ渡る。

 鷹の渡りは9月中旬のアカハラダカから始まり、10月中旬のサシバの渡りで終わりを告げる。

 多くのサシバは東南アジアなどまで渡り、越冬するが、一部は石垣島で冬を過ごす。地元では、このサシバを特に「落ち鷹(ウティダカ)」と呼び、親しまれている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム