八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

執行率65%に厳しい指摘 竹富町議会

2012年度決算で執行率が65%に留まっていることに指摘が相次いだ町議会本会議=9日午前、議場

2012年度決算で執行率が65%に留まっていることに指摘が相次いだ町議会本会議=9日午前、議場

予算の迅速な執行求める

 竹富町議会(西大舛髙旬議長)の9月定例会は9日、総額91億4676万円の2012年度一般会計決算など決算案7議案や総額2億1034万円の13年度一般会計補正予算など補正予算案6議案を審議した。決算7議案を委員会に付託したものの、予算施行率が65・4%と低率だったことや7月に開かれた臨時町議会で可決した台風7号の被害回復に伴う干ばつ対策費も執行されていないなど、各種事業の執行の遅れに厳しい指摘が相次いだ。

 質疑では12年度決算の予算執行率が65・4%と明許繰り越しが多いことに西原章恵総務課長は「今後、全庁的に努力していきたい」と答え、新田長男氏は「具体的な答えは全く出ておらず、来年度以降、頑張るのは当然だ。毎年、収入未済も多く、改善が全く見られない」と指摘。

 一般会計補正予算案でも、7月の臨時議会で可決された干ばつ対策費が執行されていない状況に新博文氏は「7号台風の補助がまだ執行されていない。もう少し迅速に行うべきではないか」と予算の早期執行を求めた。

 野底忠農林水産課長は「干ばつ対策の予算執行は補助対象確定に時間を要した。遅れてしまったが、災害対策は緊急を要する観点から早期の予算執行が望ましい。確定してから出すというものではなく、予算のうち一定部分の予算を早急に執行することも含めて検討したい」と答えた。

 また、補正では波照間島の下田原城跡整備に向けた土地購入費46万円を計上。全体の8・98%にあたる老人クラブが所有する4200平方㍍を購入する予定だが、その地権者について西原啓栄教育委員会総務課長は「波照間老人クラブの被相続人8人、それに伴う相続人が68人いる」と嘉良氏の質問に答えた。

 このほか、台風7号で被災した新城下地島の桟橋復旧費や西表島西部地区で保健師が常駐していないことに質疑が相次いだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム