八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

開港半年で100万人突破 全国18番目の乗降客数

1日当たり80便以上の離着陸がある南ぬ島石垣空港=4日午前10時半ごろ

1日当たり80便以上の離着陸がある南ぬ島石垣空港=4日午前10時半ごろ

6月の乗降客数順位(石垣空港管理事務所作成)

1日最大85便に 増便や新規乗り入れで便数大幅増

 南ぬ島石垣空港は7日、3月7日の開港から半年を迎える。開港による観光需要の高まりを見込んだ新規路線の開設、既存路線の拡充などにより、1日当たりの発着便数は定期便だけで現在81便と、旧空港の平均60便前後を大幅に上回っている。台湾線が就航する日は83便、13日から就航するピーチの那覇線が加わると85便に増え、開港から半年で“超過密空港”の様相を呈する。

 県から管理を委託されている石垣空港管理事務所(所長・上地正宏石垣市空港課長)によると、3月7日からの乗降客数は8月24日時点ですでに100万人を突破、8月31日末現在で104万8206人を数えた。6月の乗降客数14万9915人は、全国の空港で18番目。地方管理空港では神戸の18万482人に次いで2番目に多く、国管理の函館、大分、高松、北九州をもしのぐ。

 石垣空港は午前8時10分の始発から午後8時25分の最終まで計83便が運航。午前10時台は13便が離着陸する最も混み合う時間帯で、ピーチの石垣発便を加えると14便になる。このほか海上保安庁の機材やプライベート機の利用もある。

 空港管理事務所は、旧空港より6人多い19人体制(非常勤9人含む)で管理業務に当たる。上地所長は「スポットのやりくりに苦慮している。とくに遅延が出た場合、後の便まで影響する」と話した。

地図
  • タグ: 南ぬ島石垣空港
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム