八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1億900万円の黒字 JA八重山支店

JAおきなわ八重山支店の「感謝の集い」に参加した八重山支店の組合員ら=6日午後、市民会館大ホール

JAおきなわ八重山支店の「感謝の集い」に参加した八重山支店の組合員ら=6日午後、市民会館大ホール

信用など3事業が好調 組合員感謝の集い開く

 JAおきなわ八重山支店(山田惠昌支店長、組合員5092人)は6日午後、石垣市民会館大ホールで、石垣市と竹富島の組合員を対象に2013年度「事業報告会と組合員感謝の集い」を開いた。

 12年度事業損益は信用、共済、経済の各事業で黒字を計上。管理部門の費用を吸収し、全体で1億900万円の黒字を確保した。他の地域については後日、島単位で実施する。

 事業実績は、信用事業が貯金105億4300万円(目標達成率101.6%)、貸出金は30億6400万円(同57.8%)、新規貸し付けは2億200万円(同81.1%)だった。13年度は貯金110億円、貸し付け33億円を目指す。

 共済事業は長期共済が62億円。13年度も50億円を目標に取り組むことにしている。

 経済事業は購買部門が13億6200万円。肥料や農薬関係が前年より伸びた。販売部門は29億6300万円。青果・花き、玄米で目標を達成したものの、サトウキビの減産で耕種が目標の約79%にとどまった。

 利用事業は2億1500万円(同102%)、加工事業のJAおきなわ小浜製糖工場は原料処理量2550㌧、産糖量が365・7㌧と計画を下回った。

 畜産事業は肉用牛のセリ実績が34億5400万円。上場頭数は減少したものの、販売単価の上昇で、計画を5%上回った。事業管理費は5億9600万円だった。

 集いで経営管理委員の知念辰憲氏らがあいさつしたほか、山田支店長が事業実績を報告した。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム