八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ベスマまつり大にぎわい 波照間

島民や観光客らが多彩な音楽を楽しんだ第5回ベスマまつり=8月31日、波照間農村集落センター

島民や観光客らが多彩な音楽を楽しんだ第5回ベスマまつり=8月31日、波照間農村集落センター

島民ら多彩な音楽を楽しむ

 【波照間】波照間農村集落センターで8月31日、「第5回ベスマまつり」が開催され、住民や観光客ら約200人が、多彩な音楽などを楽しんだ。

 島の若者を中心として年1回の同まつりも今回で5回目。島の人たちが楽しめる祭りという思いを込めて、楽宴祭から名称を変更して開催している。

 幕開けはおっさんバンドが登場し、フォークソングを演奏。続いて保育園児と幼稚園児が元気いっぱいに「オバQ音頭」を踊ると、会場からは「かわいい」と大きな拍手が送られた。

 安室流保存会波照間支部は「月ぬ美しゃ」「月ぬまぴろーま」などを披露し、三線と笛の音色で観客を酔わせた。波照間出身の後冨底周太さんは「安里屋ユンタ」「島唄」などを披露。島のおばあちゃんを思って自ら作詞作曲した「パーぬ節」では、子どもやお年寄りが立ち上がって踊り、盛り上がった。

 島の若者たちによるバガモノバンドには中学生も参加し「あなたに」を熱唱し、黄色い声援を浴びた。また、「三線の花」「かりゆしの夜」などを演奏し、アンコールの「六調節」では、会場が一体となってモーヤーを踊った。

 豪華賞品が当たるお楽しみ抽選会やじゃんけん大会、そばやかき氷などの飲食店や、水ふうせん、おもちゃすくいなどの屋台もあり、お祭りムードを盛り上げた。

 (本比田里奈通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム