八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

仲嵩、前粟蔵世界大会へ 日本代表

硬式野球「2013アジア・太平洋地域選手権大会」に日本代表として出場し凱旋した仲嵩勇雅君(前)と前粟蔵智宏君=3日午後、南ぬ島石垣空港硬式野球「2013アジア・太平洋地域選手権大会」に日本代表として出場し凱旋した仲嵩勇雅君(前)と前粟蔵智宏君=3日午後、南ぬ島石垣空港
ポニーズアジアVから帰国

 韓国ソウルで7月29日から開催された硬式野球の「2013アジア・太平洋地域選手権大会」に日本代表として出場し、優勝に貢献した八重山ポニーズの仲嵩勇雅君(大浜中3年)と前粟蔵知弘君(石垣中3年)が3日、凱旋した。

 

 2人は8日にアメリカワシントンで開幕する世界選手権大会に日本代表として出場する。八重山から世界大会出場は大嶺祐太(千葉ロッテ)や金城長靖(沖電)らを擁した2002年の八重山ポニーズ以来11年ぶり。

 

 アジア大会で仲嵩君はインドネシアとフィリピン戦で9番三塁で先発。前粟蔵君はインドネシア戦を除き5番一塁で先発出場した。

 

 仲嵩君は、台湾戦の延長1死三塁での三振を振り返り「結果が出せなかった。アメリカでは力を発揮したい」と決意を述べた。

 前粟蔵君は「守備で好プレーができた。自分らしいプレーでチームを引っ張れた」と今大会の自身を分析した。

 

 総監督は「今大会で足りなかった部分を修正してほしい。父兄への感謝を忘れず、リーダーとして成長してほしい」と激励した。

 ポニーズの森田虎之介君(大浜中3年)と平良海馬君(石垣中2年)が「世界選手権出場おめでとう」と出迎えた。

 

 アジア大会の結果は次の通り。

▽日本3−2韓国

▽日本19−0インドネシア

▽日本10−0フィリピン

▽日本3−2台湾(延長12回)

▽日本7−1中国

  • タグ: 野球
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム