八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自然の猛威をあらためて思い知らされた台風…

 自然の猛威をあらためて思い知らされた台風の来襲だった。先週末の台風7号は、各地に大きな被害をもたらしたが、本社でも停電が発生し新聞発行が一時危ぶまれるなど悩まさせられた▼整理部の紙面作り真っ最中の午後8時すぎから突如始まった停電、復旧したかと思うとまたかが繰り返された。その度に中断を余儀なくされ、午後11時現在で一面、スポーツ面、社会面は完全に出来上がっていなかった▼それからが復旧に備えての深夜待機となった。クーラーが完全にシャットアウトの中、室内に漂う暑さを扇ではらい、唯一の懐中電灯の明かりの下で同僚と会話を楽しみながらひたすら待ち続けた▼だが、台風が猛威を振るい停電で朝刊が発行できない。新聞人としてつらい現実を突きつけられ一夜が明けた。それでも復旧したら新聞を作り、遅れてでも読者に届けるという思いは、同僚ともども変わらなかった▼時間的制約での紙面作りは、編集と整理部デスクの判断がカギを握る。最新の紙面はまず写真、早朝から記者をツメ痕が残る現場に向かわせた。一面と社会面のトップ写真を急きょ差し替えて、出来上がったのが13日の紙面である▼仕事終え、徹夜の疲労感は充実感に変わった。危機管理、今、何をなすべきかが頭をよぎった台風一夜の貴重な体験となった。(鬚川修)

ページ移動

キーワード検索フォーム