八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マナーアップ学校を表彰 今年は中学校も対象

 八重山警察署(小禄重信署長)は30日午後、同署で市内の中学高校の教諭らを集めた自転車総合対策会議を開き、6月1日から「八重山地区高校・中学校対抗自転車総合対策コンテスト~八重山地区高校・中学対抗自転車甲子園~」を行うことを決めた。昨年度は、3高校を対象に行ったが今回中学校を新たに入れ、9月30日までの3カ月間で最もマナーアップした学校を表彰する。  同コンテストは、自転車関連事故や盗難、マナー違反などの改善を目的に、昨年度から3高校を対象に自転車の指導警告件数や防犯状況などを3カ月間で調査・評価し表彰した。今回は新たに、表彰対象を中学と高校の部に分け、総合の部を設けた。表彰式は10月の地域安全運動出発式で行われる。  中学を対象にしたことに八重山署は「中学生も自転車違反警告件数は多い。高校生と同様にマナーアップを図る」と説明。小禄署長は「昨年のコンテストで違反やマナーが改善傾向になった。今年5月25日現在の自転車盗難は24件と昨年同期に比べ15件減少した。今回は中学生を入れ、より効率的、効果的なものにしよう」と呼びかけた。  今回の対象校は八重山高校、八重山商工高校(全日制・定時制)、八重山農林高校、石垣中学校、大浜中学校となった。石垣第二中学校は自転車通学が認められていないため対象から外れた。

ページ移動

キーワード検索フォーム