八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

計測調査結果楽しみ

 名蔵湾のサンゴの状態が大きく改善していることが、八重山ダイビング協会が実施したオニヒトデ駆除の際に確認された。このうち、湾の奥でみつかったコモンシコロサンゴの群落は、広範囲に広がっていたという。近いうちに大きさなどを計測する調査を行うことにしており、結果が楽しみだ。  千葉ロッテマリーンズの大嶺祐太投手が3週連続で1軍のマウンドに上がった。今回はリリーフとして登場したが、アウトを一つも取れず、死四球を二つも与えてしまった。せっかく復調の兆しが見えているのでリズムを崩してほしくない。他のチームで活躍している同世代や沖縄出身の選手に負けないよう、今年が大嶺投手の飛躍の年となることを願いたい。  昨年県高校サッカー選手権で八重山初の3位になった八重高だが、3年生が抜け大幅に戦力ダウンした。昨年からスタメンとして試合に出ていた浦崎成生君が主将になり、主力選手として奮闘。「下手なりにも自分で決める」と今回の高校総体の農高戦でゴールを量産した。主将としての自覚も芽生え、今度は後輩たちを引っ張る。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム