八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

安全対策要請へ 開港後の交通量増加で

 石垣市教育委員会(高木健委員長)は19日午後、2013年度第1回定例委員会を開き、新空港開港に伴う交通量増加への要望について話し合った。  市教委は3月7日に全小中学校にアンケートを実施し、交通安全に対する要望書を作成。大本小、川原小、白保小、野底小、真喜良小、石垣中、白保中からは▽スクールゾーンへのガードレールの設置▽道路のカラー舗装▽信号機の設置などの要望が出ている。  野底小は石垣港伊原間線の交通量が多く、特にレンタカーが猛スピードで通り抜けていく現状を受け、スピード超過を警告する標識の設置などを要望。高木委員長は「野底小の要望は空港周辺だけでなく、全島で交通量が増えていることを意味している。もう一度全校から意見を聞き、関係機関に要請する必要がある」と述べた。  市教委は再度アンケートを行い、要望を集約したうえで関係機関に要請することにしている。

ページ移動

キーワード検索フォーム