八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「旅立ちの島唄~十五の春~」完成 主題歌はBEGIN

離島からの高校進学描く

 【那覇】南大東島から本島への高校進学を通して、離島の暮らしや家族の思いを描いた映画「旅立ちの島唄~十五の春~」(吉田康弘監督・脚本)の完成披露会見が15日午後、県庁で行われた。主題歌「春にゴンドラ」は市出身の「BEGIN」が歌う。

 県が実施する沖縄文化等コンテンツ産業創出支援事業のサポートを受けて制作。  高校のない南大東島に住む主人公の少女が本島の高校へ進学するまでの1年間に焦点を絞り、既に那覇にいる母と兄と姉、島で二人暮らしの父との家族模様などを描いた。  吉田監督は会見で「内から見た沖縄映画。島の人々の静かな暮らしを見つめたいと思った」と思いを語った。県文化観光スポーツ部の湧川盛順部長は「離島の文化や生活、人間関係が自然に丁寧に表現された」と述べた。  映画は、27日に那覇市の桜坂劇場とリウボウホールで先行上映を行い、5月から全国上映。

  • タグ: BEGIN
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム