八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交通量増大の390号 安全対策求める声相次ぐ

 新空港の開港で国道390号の交通量が増えている。6日午前10時20分から10分間、宮良地区で交通量をカウントしたところ、82台を確認した。単純に1時間だと492台になる。  県八重山土木事務所は開港までに、国道390号の交通安全対策として宮良と白保の11カ所で横断歩道の手前に減速マークを表示したほか、「学校あり・通学路」の警戒標識を6基設置、3カ所に「速度落とせ」の表示をした。川原集落でも同様の対策をした。  沿線集落からは横断歩道や信号機の設置を求める声、集落内で減速させるための路面上の工夫を訴える声がある。市議会は新空港アクセス道路が開通するまでの間、地域や関係機関を網らした組織で総合的な対策を検討し実施するよう求めている。

ページ移動

キーワード検索フォーム