八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

あやかりの杯にご満悦

 石垣市民会館大ホールで10日開催された市の生年祝い頌状・記念品贈呈式。中山義隆市長が市民を代表してあやかりの杯を受けた。出席したカジマヤーのお年寄りは16人だから16杯。16杯目を飲み終えると、足をふらつかせた。もちろん冗談だったが、これだけ多くのあやかりを受けて、市長もご満悦の様子だった。  八重山商工高校商業科観光コースの生徒が毎年行っている八島小南側の清掃活動。同科の武山千栄子教諭によると、開始当初は消波ブロックの下の地面が見えないほどごみで埋め尽くされていたようで、「これでもだいぶ減った」とか。卒業休みに入っている3年生も後輩たちに継続を求めており、同コースの良き伝統になることを期待。  カンムリワシ・リサーチでは、毎年旧正月からの1週間をカンムリワシ週間と定め、カンムリワシの交通事故防止を呼びかけている。こういう中、「ぱいーぐる」と「ピカリャ~」のイラストが貼り付けられたJTA機が就航した。新空港の開港PRが目的だが、観光客にカンムリワシとヤマネコのことを知ってもらい、動物の輪禍防止につながることを期待したい。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム