八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

琉球キングス公式戦八重山開催定例化へ 今年は3月23、24日

 3月23、24日のbjリーグ公式戦の琉球ゴールデンキングス戦八重山開催(ユーグレナゲーム)に向け、キングスは15日午後、石垣市役所で会見し、キングスの安永淳一取締役が「(八重山開催を)定例化したい」と述べた。会見には並里成選手も同席。「昨年以上のパフォーマンスを」と語った。新石垣空港開港記念ゲームに位置づけ、後援の石垣市と八重山バスケットボール協会(安里整会長)も昨年同様に大会をバックアップし、キングス戦を盛り上げる。  ゴールデンキングスは昨年、八重山で公式戦を初めて開催し、多くのファンを魅了。ゲームを連勝し、勢いに乗りシーズン優勝、今季もリーグ1位と好調を維持している。  安永取締役は「前回は手探りの開催で定例化できるか不安だったが、盛り上がりを感じた。今後も続けたい。今回もキングスの公式戦を楽しんでほしい」と話した。  2日間ユーグレナゲームとして支援する(株)ユーグレナの永田暁彦取締役は「八重山からプロバスケット選手が輩出するのを祈っている」と期待した。  中山市長は「今回は新空港開港記念でもあり、本島や対戦相手のファン、多くの人に見に来てもらいたい」とアピール。安里会長は「キングス効果で八重山のバスケは盛り上がった。開催に向け昨年以上に協力したい」と話した。  八重山開催のキングス-埼玉ブロンコス戦(会場・石垣市総合体育館)のチケットも16日から本島で販売を開始。石垣市内でも近々販売する。

ページ移動

キーワード検索フォーム