八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

園地整備で意見交換 名蔵アンパル

自然・環境教育の拠点候補地の調査など要望
 環境省が計画している「西表石垣国立公園名蔵アンパル園地整備」について意見を交換する「アンパルの保全と賢明な利用をすすめる連絡会」(山崎雅毅会長)が10日午後、石垣やいま村で開かれ、環境省石垣自然保護官事務所やアンパルの自然を守る会、日本野鳥の会石垣支部、地域住民らが参加、整備計画候補地の環境や生態系の調査などを求めた。  計画では、名蔵アンパル北東側の神田橋付近と名蔵小橋周辺、浦田原水路周辺の3カ所を候補に挙げており、マングローブ林を散策する木道や歩道、駐車場、公衆トイレ、情報施設の整備を予定している。  参加者からは「野鳥は何年もかけて居場所を作り上げるので、野鳥が離れていく可能性がある」「整備工事に際し、自然環境への影響も懸念される」などと指摘の声が相次いだ。  山崎会長は「アンパルを守り、未来に継承していくためには子どもたちの自然・環境教育の拠点となる施設の整備が必要」、アンパルの自然を守る会の廣川潤共同代表は「園地整備計画は私たちとしても歓迎するが、自然環境を健全な状態で守っていくことが大切」と述べた。  石垣自然保護官事務所の千田智基保護官は「国立公園としてもただ保護するだけでなく、活用してもらうことを目的としているが、施設の維持管理は地域が主体となるので、調整や地元の協力が必要となってくる」と話した。  環境省では今後、地域の意見などを参考にして、候補地の調査などを実施していく。  アンパル周辺には国立公園としての利用施設がなく、干潮時には無秩序に干潟に入る人がいるなど問題が生じている。このため、環境省では国立公園の保護と利用のバランスを考えた整備を計画している。
  • タグ: 名蔵アンパル西表石垣国立公園
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム