八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

多彩なステージ満喫 ちゅらさん祭

島内外から2300人来場
小浜節大会、中島さんが最優秀賞
 【小浜】第10回かふぬ島ちゅらさん祭(同実行委員会主催)が20日、小浜島ちゅらさん広場で盛大に開かれた。秋晴れに恵まれ、島内外から約2300人(主催者発表)が来場、地元住民とともに多彩なプログラムを楽しんだ。同日夕は、第9回小浜節大会も催され、22人が島の民謡「小浜節」の熱唱を競った。  祭りは「ちゅらさんの島」を島外にアピールし、島の活性化につなげるのが目的。  勇壮な獅子舞とテープカットで幕開けした祭りは、保育園児や児童生徒らの演舞、おなじみになった「ばあちゃん合唱団」をはじめ、前花雄介、キカイチ、佐久川和美、土田龍太郎、宮良しのぶ、宮良青年会などが多彩なステージを展開。  ゲスト出演では「きいやま商店」が会場を盛り上げ、人権啓発活動では「うちな~噺家」の藤木勇人さんが「島に根ざす」をテーマに講演。池田卓さんが西表島船浮の幼少時代などを語りながら、「島の人よ」など代表曲を歌った。  フィナーレは、婦人会の「ちゅらさん音頭」と小浜独特の十五夜の綱引き「ヨーロセー」を観光客も一緒になって楽しんだ。  物づくりコーナーでは、参加者がアダンの葉を使った民芸品の展示即売、横笛作りなどに挑戦した。  近海でとれた魚介類の天ぷらや小浜大豆(クモーマミ)を使った汁物など飲食ブースも盛況で、モズクやもち米、小浜島産ゴマなど特産品販売も好評。乗馬体験コーナーも子どもたちに大人気だった。  同時開催の小浜節大会では、歌詞にも歌われている「大岳(うふだき)」のふもとで22人が情緒あふれる歌声を披露。審査の結果、中島もえさん(石垣市石垣)が最優秀賞に選ばれた。  他の入賞者は次の皆さん。 【優秀賞】  宮里朝枝(真栄里) 【優良賞】  前津伸弥(大浜) 【奨励賞】  世持愛菜(白保)
  • タグ: ちゅらさん祭小浜島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム