八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

不法投棄の現状確認 関係機関が一斉パト

 「ごみゼロの日」の5月30日午後、八重山福祉保健所や八重山警察署など関係機関による「ごみ不法投棄の県下一斉パトロール」が市内4カ所で行われ、八島町の海岸付近の雑木林では、エアコンやテレビ、炊飯器などの家電製品、家庭から出たと見られるごみが不法投棄されているのを確認した。  同パトロールは関係機関が合同で一斉にパトロールすることにより、廃棄物の不法投棄や不適正処理を防止するのが目的。  出発式で同保健所生活環境班の大濱信泉班長が「不法投棄はれっきとした犯罪。各機関との連携を強化し、防止・予防に努めたい」とあいさつした。  パトロール現場では不法投棄されたごみや廃タイヤなどが確認されたが、今年3月に監視カメラが設置された市内真栄里の多田浜海岸入り口では、ごみの不法投棄は確認されなかった。  参加者らは「以前はたくさんのごみが不法投棄されていたが、監視カメラでこんなに効果があるとは驚いた」と感心していた。

ページ移動

キーワード検索フォーム