八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キビ大幅減産、農家支援を 生産農家が町に要請

川満町長
防除剤と肥料助成を明言
 竹富町内の今期サトウキビ生産量が、台風や長期干ばつ、病虫害などで前年比約1万1000トンもの大幅減産となったのを受け、町内の波照間、西表、小浜のサトウキビ生産農家の代表8人が23日午後、町役場を訪れ、川満栄長町長にサトウキビ・糖業の振興に対する農家支援を要請した。川満町長は「できることをしっかりやりたい」と述べ、防除剤と化学肥料を農家に助成する考えを示した。6月定例議会の補正予算に支援費を計上する。  町内の今期サトウキビ生産実績は、小浜が1568トン(全期比2093トン減)、西表が7472トン(同1846トン減)、波照間8975トン(同6811トン)。全体で1万8015トンと、春先の日照不足や5月の台風、生育旺盛期の干ばつ、10月以降の日照不足、メイチュウ等による虫害が重なり、前期比1万751トン(37.4%)、生産額で約2億4000万円もの大幅減産となり、農家経営に大きな影響をおよぼした。  要請では生産農家を代表して波照間サトウキビ生産組合の稲福清徳組合長が「サトウキビ生産量の早期回復に向けて病害虫対策等のサトウキビ、糖業振興に対する農家支援に特段の配慮を賜りたい」と要請文を読み上げ、農家支援を要請した。  これに対し川満町長は「病害虫防除と生産振興に必要な資材等を支援したい。できることをしっかりやるので、皆さんも増産に取り組んでほしい」と述べ、JAと連携して防除剤(プリンスベイト剤)への助成のほか、町単独で肥料を助成する考えを示した。  関係予算は6月定例議会の補正予算で計上する。
  • タグ: サトウキビ製糖
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム