八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

住民グループ 市に公開質問状、がれき受け入れに懸念 

 東日本大震災で発生したがれきの処理をめぐり、受け入れを検討している石垣市に対し、安全性などを懸念している住民グループ6団体で構成する「放射能から島を守るネットワーク」(野崎昌利代表)が26日、安全性の立証や住民の合意形成の方法などについて回答を求める公開質問状を提出した。  同ネットワークは「石垣島には、安全・安心な食べ物や子どもを育む環境を被災者に提供できる最高の環境がある。震災がれきの焼却により、安全な環境や食べ物などに、どのような影響があるのか。安心安全をどのように守っていけるのか」と疑問を呈している。  観光客の利用がある店舗のオーナーらは「すでに2カ月先の予約のキャンセルが出ている」「観光客にマイナスイメージをもたれないようお願いしたい」と要望した。

ページ移動

キーワード検索フォーム