八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市 不法投棄持ち主調査へ

テレビ184台回収処理
監視カメラで予防徹底
 石垣市環境課が2010年度から開始した不法投棄パトロールは2月末までにテレビ184台、廃タイヤ534本など大量の廃棄物を回収、処理したことが分かった。パトロール事業は11年度で終了することから市は同年内に不法投棄が多い場所に監視カメラを設置、予防対策の徹底を図る考えだ。  今月12日には市民からの通報で浦底湾の海岸沿いにテレビ、冷蔵庫、洗濯機など5点が確認され、同課は八重山署と連携して持ち主が特定できるかどうか調査をしている。  パトロール事業は国のグリーンニューディール基金を活用して4人の賃金職員を採用。2人1組が車で週5回、島内の重点地域24カ所を巡回しているほか、新たに捨てられた場所がないか探している。  2月末までにテレビ184台、冷蔵庫20台、洗濯機41台、廃タイヤ534本、エアコン4台などの不法投棄をみつけ、回収してリサイクル処理を行った。家庭ごみの場合、本人を特定できるごみを探し出し、直接指導したケースもあった。  監視カメラは、投棄が多い場所に一定期間取り付ける予定。個人情報やプライバシーに配慮して監視カメラが作動中であることを看板で明示する。
  • タグ: 不法投棄
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム