八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

雨のジュウルクニチー 料理供え先祖供養

 旧暦1月16日の「十六日祭(ジュールクニチー)」の7日、郡内各地で家族や親類が集まり、墓前に料理やお酒、菓子などを供え、先祖を供養する姿が見られた。  十六日祭は八重山や宮古などで毎年盛大に行われており、旧盆と並ぶ年中行事。  この日は朝から雨模様のあいにくの天気で、ブルーシートやテント、パラソルなどを広げて、雨対策をする所が多かった。  このうち、城辺郷友会墓地の野原家の墓では、野原孝由さんの家族5人が集まり、墓に手を合わせて祖先を供養するとともに、一家の健康を祈った。  野原さん一家は「1年に1回の行事だから、みんなで集まって思い出話をする。先祖も喜んでいるんじゃないか」と話し、昔話に花を咲かせていた。

ページ移動

キーワード検索フォーム