八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

キングス、猛攻で連勝 信州に75‐56で下す

持ち味のスピードで魅了
石垣島最終戦
 ユーグレナプレゼンツbjリーグ第28戦は29日、市総合体育館で琉球ゴールデンキングス(西地区1位)対信州ブレイブウォリアーズ(東地区8位)の石垣島最終戦が行われた。この日も2812人(主催者発表)の観客が詰めかけ、大声援を送った。ゲームは75‐56でキングスが2連勝を達成した。前半は互いに決定打を欠き、28‐28のロースコアの展開。しかし第3クオーターでキングスの猛攻、スピード感あふれる攻撃で一気に点差を広げ、信州に19点差をつけ圧勝した。  試合開始後、キングスは信州に先取点を取られたが、ディリオン・スニードの豪快なダンクで応酬。しかし第2クオーターは両チームともに接戦。同点で前半を折り返した。  ハーフタイムでキングスの桶谷大ヘッドコーチは、選手らに「とにかくシュートを打て」とゲキを飛ばし、第3クオーターからキングスが猛攻を開始。  持ち味のスピードを発揮してゲームを展開、28日は不調だったスニードがゴール下で本領を発揮し、リバウンドやフリースローを確実に決めるなどの活躍。最大で20点差以上つける場面もあり、信州を圧倒した。  ゲーム終盤に与那嶺翼からのパスを受け、会場をうならせるダンクを決めたジェフ・ニュートンは14得点、16リバウンドの活躍でユーグレナ賞を獲得した。  八重山開催2連勝で勢いをつけたキングスは第29戦の2月4日、沖縄市体育館で高松ファイブアローズを迎え撃つ。
  • タグ: 琉球ゴールデンキングス
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム