八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ジュニアは後上里正選手が2度目のV 八重山毎日ゴルフ開幕

初日は4部門で熱戦展開
きょうは一般の部
 【小浜】第17回八重山毎日アマチュアゴルフ選手権大会(主催・八重山毎日新聞社、主管・八重山ゴルフ協会)が2日、小浜島のニラカナイカントリークラブで2日間の日程で開幕。初日は炎天下、シニア、ミッド・グランドシニア、レディース、ジュニアの4部門で、88人が熱戦を展開した。その結果、4人が競ったジュニアは後上里正選手(石垣第二中3年)が9オーバーの83で、2年ぶり2度目の優勝を飾った。残りの3部門は、3日の表彰式の場で発表される。  初日は、午前8時2分スタートの第1組から8分間隔で次々にスタート。最高気温が31.7度、風は5メートル内外とうだるような暑さのなか、各選手が狭いコースに果敢に挑み、懸命にスコアメークした。ロングパットを沈めガッツポーズする選手、逆に短いパットを外し天を仰ぐ選手。フェアウエー上でさまざまな表情が交差した。  ジュニアを2年ぶりに制した後上里正選手は、不安定なドライバーショットに悩まされ、OB6発を出しながらもアウト43、イン40、トータル83にまとめた。  後上里選手は「すごくダメ。納得のいくプレーができなかった」と、OBを連発したティーショットの悪さを反省。今後の練習課題に挙げた。  後上里選手は中学卒業後、島外の高校への進学を予定しているため、今大会が最後の大会。「最後の大会を優勝で飾れてうれしい」と笑顔を見せた。  最終日の3日は一般の部が行われ、124選手が覇を競う。また、午後7時30分からホテル日航八重山で表彰式が開かれる。
  • タグ: ゴルフ小浜島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム