八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

テンサイ調理で授業 砂糖原料の答え引き出す

 八島小学校(大濵民江校長)はこのほど、同校家庭科室で5年生児童23人を対象にした琉球大学教育学部との共同研究「社会科実験授業」を行った。  授業は同校の平地竜樹教諭と山口剛史琉大教育学部准教授が、「あたたかい地域とさむい地域の農業」をテーマに北海道のテンサイを使って指導した。  子どもたちにはテンサイが砂糖の原料となることを伝えず、千切りにして煮込み、甘みが出ることを確認させると、子どもたちは「サトウキビ?」「ナシとカブのハーフ?」と考え込んでいた。  平地教諭が「石垣でもできる食料品の原料になる」とヒントを出すと、子どもたちは「砂糖」「砂糖を作る原料」と答えにたどり着き、山口准教授は「答えをもらうのではなく、自分たちで煮汁から砂糖が出来るのではないかという予想にたどり着いたことはすごい」と講評した。

ページ移動

キーワード検索フォーム