八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

与那国町で国の補助金を返還する不祥事が…

 与那国町で国の補助金を返還する不祥事が発覚、外間町長は調査して担当職員らの処分を検討する方針を示しているが、それは当然だろう▼そこで八重山の3市町は過去10年の間に、こうした不祥事や服務違反などでどれだけ懲罰委員会を開き、どれだけの職員が処分を受けたか調べてみた。結果は石垣市が2006年に減給3人、停職1人の計4人、竹富町は07年と10年に懲戒免職1人、戒告1人の計2人、与那国町が04年と08年に停職1人、減給3人の計4人と、いずれも意外と少ないことが分かった▼このことは、その通りに問題職員が少ないということなら大変結構だが、それが役所特有のかばい合い、もたれ合いの結果だとするなら問題だ。さらに目立った問題行動もないが、一方で仕事もやらない、できない怠惰な職員も首長は問題とすべきだ▼一般財源で3千万円弱を返還する与那国町の例は信頼を損ねた上に、またそれだけの自主財源があれば2億円の事業もできるだけにまさに大きな損失だ。やはり責任は明確にすべきだろう▼それでは2カ年近くも完成がずれ込んだ石垣市の新球場は、懲罰委の対象にならないのか、それとも不可抗力だったのか▼役所内部でかばい合いもたれ合いで責任がうやむやにされては、同じ過ちが今後も繰り返されるだろう。(上地義男)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム