八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表「節祭」芸能で観客魅了 祖納干立、両民俗芸能保存会が公演

「重要無形文化財」に県民詰めかける
 【浦添】第14回民俗芸能公演「西表島 節祭の芸能」が19日、浦添市の国立劇場おきなわで上演され、大勢の観客を魅了した。  公演には西表民俗芸能保存会・干立民俗芸能保存会のメンバー総勢90人以上が出演、国の重要無形民俗文化財に指定されている西表島祖納と干立の「節祭(シチ)」のユークイ(2日目)の芸能を中心に2部構成で上演した。  両集落では同じ時間帯に節祭が行われており、互いの祭りの様子を見る機会が少ないため、この日は西表島からも多くの地元住民が会場に詰めかけ、互いの芸能を楽しんだ。  また、幕あいには「仲良田節」と「干立のトゥバライマ」も披露された。
  • タグ: 文化財
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム