八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

イリオモテヤマネコの輪禍が後を絶たない…

 イリオモテヤマネコの輪禍が後を絶たない。100頭余の生息だというから西表島では、もっと緊張感があってもよさそうだが、相変わらずの飛び出し注意の標識と赤色灯による警告看板が増えただけ▼ヤマネコ用の道路下横断洞も随所に施工されているが偶然程度の利用のされ方で、新空港建設でのコウモリ用人工洞窟(どうくつ)同様、開発行為での大義名分色が濃い▼考える葦と自負する人間でさえ、都会の高架式横断歩道や田舎道の横断歩道表示を安全とは知っていても利用しないことがあるのに、ヤマネコが危険回避で遠回りをするとは思えない。敏しょうな動物だけに余計そう思う▼運悪く事故にあうのは、サルなどのように群れないため自動車に対する学習不足、恐怖経験の共有がなされないまま海浜狩猟で横断せざるを得ないのでは▼故にヤマネコの輪禍を回避するには、急ぎの現代人には相済まないが強制減速区間を増やすに限る。こんなことを言い出すのも実は先日、古見、美原間をレンタカーで走行中に前を横切るヤマネコを目撃したため▼普段からの40キロ未満のノンビリ運転のおかげで、前方の飛び出しヤマネコが一瞬立ち止まった後、尾を凛とのばし道路をさっそうと渡るのを一部始終見たからだ。同乗の4人も二度とないだろう遭遇に大喝采。(仲間清隆)

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム