八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

波照間、鳩間も国立公園に 今月下旬に両島で説明会

来春の「編入」目指す
 竹富町と環境省那覇自然環境事務所は波照間島、鳩間島の西表石垣国立公園編入に向けて7月下旬に住民説明会を開催し、実質的な作業に着手する。早ければ来年春の編入を見込んでおり、両島の国立公園編入については、鳩間島では地元公民館から同公園編入の要請が行われるなど積極的な姿勢を見せている。波照間島では事前の説明会に参加した住民は少なかったものの、川満栄長町長は同公園編入に積極的で環境省では、今回の説明会から具体的なスケジュール案などを示し、地元の理解を得たい考え。  同公園は面積2万569ヘクタール。石垣島北西部と西表島の山地部、石垣島と西表島の間に広がる海域(石西礁湖)とそこに点在する島々を公園区域としている。  西表島陸域は山地部を中心に島の面積の約40%にとどまり、イリオモテヤマネコが多く生息する海岸線の低地などは公園区域から外れている。  波照間島、鳩間島、西表島全域の国立公園編入は2007年度から同省と竹富町で検討されてきた。西表島については国有林がその大半を占めていることから、林野庁と調整作業が進められており、今回は波照間、鳩間島と西表島南部の海域を同公園に編入、海域区分を変更する方向で作業が進められている。  国立公園に編入されることで、大規模な開発行為や土地の形状変更が自然公園法で規制されるものの、同公園内では同省による自然環境共生型のビジターズ施設やトイレ、駐車場の整備などのインフラ整備が行われてきた。  環境省石垣自然保護官事務所の田村努自然保護官は「自然保護の思想が高まってきていることもあり、自然を残していけるような具体的な提案をしていきたい。離島振興の観点から国が離島をどう守っていくか、そういう姿勢からも地元の調整に時間をかけたい」と話し、早ければ来年春の公園計画見直し時期に合わせて波照間、鳩間島の編入を行いたい考えを示した。  波照間島では21日、鳩間島では28日に説明会が行われる予定。
  • タグ: 波照間島西表石垣国立公園鳩間島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム