八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ヤマネコまた輪禍 今年に入って4件目

1978年以降51件目
 環境省西表野生生物保護センターは14日、竹富町西表島の県道白浜南風見線で12日夜、国指定の天然記念物イリオモテヤマネコの交通死亡事故が発生したと発表した。ヤマネコの交通死亡事故は記録が残っている1978年以降、32年間で51件目となり、今年に入ってからは4件目を数える。  野生生物保護センターによると、死亡したイリオモテヤマネコはオスの成獣で体長83.2センチ、体重3340グラム。  事故を起こした当事者から通報を受けたセンター職員が現場に駆けつけたが、イリオモテヤマネコはすでに死亡していた。  死亡したイリオモテヤマネコは、専門家による健全性把握や病理検査、寄生虫調査などのため、鹿児島大学農学部獣医学科に送られた。  イリオモテヤマネコの目撃情報が多い地点には、注意喚起の看板が設置されているが、今回の事故現場での目撃情報は少なかった。  同センターでは、運転の際に速度を抑えるとともに野生動物の飛び出しに注意するよう呼びかけており、事故を起こした場合や死体を発見した場合には同センター(0980-85-5581)への連絡を呼びかけている。
  • タグ: イリオモテヤマネコ天然記念物
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム