八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「忘れない」戦争マラリア悲劇 学童慰霊碑で平和集会

 【波照間】波照間小学校(仲底善章校長、児童26人)の平和集会が21日午前、戦争マラリアで犠牲になった波照間の児童66人を弔う学童慰霊碑で行われた。  同校児童が1993年にこの66人をテーマに作詞した歌「星になったこどもたち」について、作詞当時、同校6年だった山田幸之進さん(28)と冨底栄孝さん(28)が講話を行った。  山田さんは「犠牲になった66人は薬などがないまま、苦しい思いをして亡くなりました。その思いを考えながら、作文や詩をつくりました」と振り返った。そのうえで、「平和について考えることを忘れずに、けんかをしても仲直りできるという気持ちを持ち続けてください」と呼び掛けた。  児童たちは「星になったこどもたち」の合唱やリコーダーによる「月桃」などを演奏した。

ページ移動

キーワード検索フォーム