八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

東部宿泊施設の住民投票を棄却 竹富公民館総会

賛成多数で建設を承認
憲章を生かす会、無効求め提訴へ
 【竹富】竹富公民館(生盛大和館長)は3月31日午後、竹富島まちなみ館で2009年度定期総会を開き、昨年8月の臨時総会で決まった竹富島東部宿泊施設建設をめぐる住民投票の実施について賛成少数で棄却し、同施設建設を賛成多数で承認した。住民投票の賛成は19人(委任状含む)、同施設建設の賛成は159人。住民投票を求めていた竹富島憲章を生かす会の上間毅代表は「このままでは島に大きな禍根を残す」と述べ、近日中に公民館を相手に総会決定の無効を求める訴訟を提起するとしている。  同宿泊施設は南西観光(本社・竹富町)と星野リゾート(長野県)が同島東部の約6.7ヘクタールに赤瓦屋根の木造コテージ50棟を建設するもの。08年9月に県から開発許可が出ており、川満栄長町長は住民合意を最優先とする見解を示してきた。  昨年8月の臨時総会で宿泊施設の賛否を住民投票で問うことが19対19の議長裁決で決まったが、公民館議会では委任状の取り扱いなどに異論があるとして、定期総会で図ることを決めた。  総会では臨時総会の決定(住民投票)を執行していないことに意見が集中。生盛館長は「異論が相次いだため、定期総会に持ち越した」と説明したが、上間氏は「臨時総会で決めたことを執行部は実行しなければならない。公民館議会で臨時総会の決定に反することは納得できない」と指摘し、議論が平行線をたどった。  住民からは「いつまでたっても、この問題に悩まされていること自体を考えてほしい」「臨時総会の票数で島の民意が反映されているのか。きょうの総会で決めてほしい」との意見が出され、▽住民投票の実施▽宿泊施設建設について挙手で賛否を諮り、住民投票を行わず、宿泊施設建設を認める結果となった。  総会ではこのほか、10年度新館長に上勢頭芳徳氏(66)が選任され、総額381万円の09年度一般会計決算、387万円の10年度予算案が承認された。
  • タグ: リゾート開発竹富島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム