八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

景気低迷に泣く生産者

 黒島・八重山両家畜市場で13日、今年の初セリがあり、子牛価格が27万円台といずれも前年初セリを下回る厳しい結果となった。両市場とも、行政やJAの代表が手綱を取った数頭にご祝儀相場が付き、会場が高値に沸いたのもつかの間、それを過ぎると厳しい現実に逆戻り。世界的な経済不況が続き、牛肉消費が低迷するなか、購買者にもご祝儀相場を付ける余裕はないようだ。  学校給食で使われる黒米粉パンのために黒米を生産する西表島黒米生産組合。今年は来月10日に田植えを行い、6月1~3日に収穫するスケジュール。この日程に合わせて会員4人がそろって農作業を行い、均質な黒米を育てていく。黒米粉パンのお披露目となった13日の給食では、大浜和重会長が西表小中学校であいさつし、「安全安心の米をみなさんが食べてくれれば」と満面の笑み。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム