八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

にぎやかに「ゆらてぃく祭り」 地域あげてイベント楽しむ

住民の結束、憲章を確認
 第5回白保ゆらてぃく祭り並びに2009年度産業共進会(主催・白保公民館、同祭り実行委員会)が29日、同公民館側の「ゆらてぃく広場」で開かれた。共進会では、農業、畜産業、漁業で顕著な成果があった23個人1社が表彰され、祭り会場は出店や多彩な催し物でにぎわった。同祭りは、白保地域の資源や自然環境、伝統文化を活用することで、村づくりに対する意識を高め、地域の活性化を図る目的で毎年開催している。  オープニングセレモニーでは、旗頭が入場し、花城芳蔵公民館長のあいさつ、来賓の大浜長照石垣市長の祝辞に続き、ゆらてぃく憲章が朗読された。  23個人1社が表彰された産業共進会は、来賓のJA沖縄八重山地区本部の山田惠昌本部長、石垣島製糖株式会社の山田忠弘社長が激励した。  会場ではヤギオーラセーなどで盛り上がり、舞台では、白保の小中高生や地域住民による盛りだくさんの伝統芸能が舞台を飾って、最後は万歳三唱で祭りを締めくくった。
  • タグ: 白保公民館
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム