八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アンパル周辺を清掃 名蔵小中が環境保全学習

 名蔵小中学校(宮良美代子校長、児童生徒数60人)は11日午後、名蔵川河口の湿地、アンパル周辺で清掃活動を行った。  同校は前年度から3年計画でアンパルの活動を続けており、宮良校長は「活動は、アンパルの保全について考えるきっかけになる」と話す。今回の清掃は、みずほ財団の助成を受けて行った。  清掃後、子どもたちからは「ごみがたくさん。もっと清掃が必要」、「なぜごみを捨てるのか分からない」などの感想が出た。  この日は清掃に先立ち、小学生が自然観察などに取り組んだ。

ページ移動

キーワード検索フォーム