八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

船浦中生徒らヒナイビーチ清掃

大量の漂着ごみに驚く
 【西表】船浦中学校(小浜美佐子校長)の生徒18人と職員10人は8日、総合的な学習とボランティア活動の一環として、ヒナイ崎浜(ヒナイビーチ)で清掃を行った。  地域の環境問題について自分たちができることを考えることなどを狙いに行われ、事前に森本孝房さんを講師に「西表島の漂着ゴミ」について学習を深めた。  ヒナイビーチに流れ着いた、大小の発砲スチーロールやペットボトル、電球や蛍光灯、漁具など大量の漂着ごみを生徒らは4班に分かれ、ごみを分別しながら回収した。  集めた漂着ごみは、バーコードを確認しながら調査表に記入。見慣れない外国の空き缶やペットボトルも多く、生徒らは「これ、どこの国の文字?」などと話しながら、楽しく作業をした。  作業は予定を大幅に延長し、トン袋13個分を回収した。生徒らは「こんなに多くのごみがあると思わなかった」「ペットボトルが多くてびっくりした」などと話していた。  船浦中は県教育委員会の環境ボランティア推進校に指定され3年目。各子ども会やエコクラブ・地域の活動で休日のボランティアは行われていたが、平日に学校行事として行われたのは初めて。  清掃終了後は、バーベキューに舌鼓を打った。(小山早苗西部通信員)
  • タグ: 漂着ごみ船浦中学校西表島
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム