八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ゴーヤーの日」多彩なイベント 夏の健康食材をPR

品評会、石垣英忠さんが1等賞
 「ゴーヤーの日」の8日、石垣市内でもゴーヤにちなんだ試食会や無料配布、品評会などのイベントが行われ、夏の健康食材ゴーヤの普及やPRに一役買った。    石垣市老人クラブ連合会(根本宏祐会長)は市老人福祉センターで第25回ゴーヤ品評会を開催、丹精込めて育てたゴーヤ26点が出品された。  生産技術の向上や健康づくり、生きがいづくりを目的といた毎年恒例の行事。外観、大きさ、光沢、品質、病害の有無などを審査。1等には石垣英忠さん(石垣第2尚寿会)が輝いた。  伊波重則審査委員長(県八重山農林水産振興センター農業改良普及課農業技術班長)は「愛情を込め育てた良いゴーヤもあるが、3分の1は傷が目立った。ハウス栽培や露地栽培での出品があり、品種系統もはっきりせず、審査がしにくかった」と指摘、出品の基準づくりを要望した。  1等の石垣さんのゴーヤについて「全体に形、色つや、そろいがよく、何より収穫が適期。全員が一等と評価した」と絶賛。石垣さんは「1等をとりたかったので感無量」と満面の笑みをみせた。  審査の合間には連合会婦人部の松浦貞子部長らがゴーヤを使ったかき揚げやあえ物などを振る舞った。  根本会長は「品評会は会員のふれ合い、健康増進、生きがいづくりに効果がある。ゲートボールやグランドゴルフと違ってみんな笑顔になる」と品評会の意義を強調していた。  2等賞以下は次の皆さん。  2等=大浜孫常(石垣第2尚寿会)、浦崎致清(同)、浦崎英孝(同)  3等=小浜新孝(白保竹会)、石垣康子(石垣第2尚寿会)、仲程功(同)、仲程光子(同)
  • タグ: ゴーヤ
  • ページ移動

    キーワード検索フォーム