八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

夏制覇は県民の悲願

 浦添商が11年ぶりにベスト4進出を決め、決勝戦進出をかけきょう常葉菊川と対戦する。準々決勝は1点を争う厳しい試合だったが、八重山の血を引く選手たちも活躍し、勝利をつかむことができた。4強には1991年の決勝で沖縄水産を破った大阪桐蔭も残っており、野球ファンは「一筋縄ではいかないが、今年こそ県勢初の夏制覇を決めてほしい」という願いも。  61年ぶりに新調した伊原間公民館の獅子頭を製作した米盛三千弘さん(平久保)。そのモデルは「白保と平久保の獅子のイメージのミックス」。目、鼻、口が大きくダイナミックな獅子だ。これまで6対の獅子頭を作り上げた米盛さんはまだ、納得いく作品はなく、「平久保の獅子に八重山全体の獅子のイメージを取り入れ、素晴らしい県内一の獅子を作りたい」とか。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム