八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

輸送費補助継続が焦点

 暫定税率期限切れ後の県内のガソリン価格は、本土と同一税額に引き下げられることが決まった。ただ、沖縄の場合は、復帰特別措置法で1リットル当たり7円、減額されていることから、本土よりその分安い18.1円の値下がりとなる。今後は、従来通り県が1.5円の石油価格調整税を独自課税し、離島への海上輸送費補助を継続できるかが焦点。継続できなかった場合は、離島によっては、現在よりも値段が上がる可能性も。  サンゴ礁フォーラム「うみとぅぬー」で行われたパネル討論では、1980年生の砂川拓也氏と宮里安一氏の若手2人が活発に発言。砂川氏は、環境への取り組みを地域づくりに結び付けようという姿勢が鮮明。宮里氏は「地球人として考えることができた」と大胆に言い切った。一緒に登壇していた加藤登紀子さんも「いきいきとした発想だ」と絶賛。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム