八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「雇用」の検索結果は以下のとおりです。

正社員求人25%と低水準 八重山

八重山管内と全国の正規・非正規求人の割合八重山管内と全国の正規・非正規求人の割合
過去5年間の平均
雇用の質が改善されず
 好調な観光産業がけん引して、経済が拡大し雇用の間口も広がる一方、郡内の正社員求人は2017年度までの過去5年間の平均で全体の25%と低い水準にとどまっていることが23日までに八重山公共職業安定所(寺島浩代所長)への取材で分かった。残る75%は個別の労働契約に応じた期間や時間で雇用する非正規求人で、13年3月の新空港開港から急激に活性化した経済活動に対して雇用の質が改善していない現状が浮き彫りと...
本文を読む

雇用の「質」改善に努めよ

有効求人倍率、40カ月連続1倍超
 ■雇用好調も大半が非正規  少子・高齢化を背景に全国的に雇用が好調だ。売り手市場の中で今年の大卒や高卒の就職率は過去最高の98%台を占め、入社式には異例の父母を招いてもてなす企業もあったほどだ。  沖縄も2017年平均の有効求人倍率は1・11倍となり、本土復帰後初めて1倍を超え、4年連続で過去最高を更新した。八重山も同年平均の有効求人倍率は1・52倍となり、過去最高を更新した。ことし3...
本文を読む

旅費支援制度拡充へ 高校生の就職面接会参加で

早期決定を後押し
 東日本大震災の影響で、雇用の先行きが不透明なことから、八重山公共職業安定所(笹原清蔵所長)は本年度、市内3高校の3年生が本島の就職面接会に参加する場合の旅費を支援する制度を拡充し、早期の就職内定を後押しすることになった。  この制度は新規学卒者就職面接会参加支援費支給要領に基づくもの。通常は、3高校それぞれ3人ずつ合わせて9人と八重山特別支援学校高等部の3年生1人の合わせて10人が沖縄本島...
本文を読む

金城運送が受け入れ第1号 大浜工房の横目学さん

就労訓練経て実習スタート
 障害者自立支援法に基づき昨年4月からスタートした大浜工房の就労移行支援事業「チャレンジハウス」で、一般就労を目指し訓練を行ってきた横目学さん(44)が18日、民間企業で職場実習生として働き始めた。12人の障がい者が利用しているが、実習生として送り出すのは横目さんが第一号。大浜工房では「これを機会に、こうした企業が地域に増えてくれれば」と期待する。  受け入れたのは、自動車リサイクルや産業廃...
本文を読む

10~12月期、雇用情勢が悪化 観光入域客減が要因に

有効求人倍率も大幅減少
 八重山公共職業安定所(笹原清蔵所長)は3日午前、管内の2010年10~12月期の雇用状況をまとめた。それによると、新規求人者数の減少に伴い、有効求人倍率が大幅に減少。新規求職申込件数も増加しており、入域観光客数の減少を背景に厳しい雇用情勢が浮き彫りとなった。一方で新規学卒者の就職内定状況は学校やジョブサポーターとの連携が奏効し、県内就職増を背景に改善している。  同期の新規求人数は490人...
本文を読む

入居は順調も雇用伸びず IT事業支援センター

コールセンター期待外れ「最大400人」見込みが50人前後
 石垣市がIT新事業創出体制強化事業(3億8000万円)で整備したIT事業支援センター(旧八重山土木事務所)は2007年7月のオープン以来、入居面では満室が続き順調に推移しているが、雇用面で思うように伸びていないことがわかった。情報推進課によると、センターには市が誘致したコールセンター会社など5社が入居しているが、1月末現在の雇用状況は契約社員など計63人。コールセンターでの雇用が増えていないのが...
本文を読む

原材料価格高騰緊急保証相談に192件 市緊急相談窓口

地域経済の厳しさ浮き彫り
1~3が建設業、115件認定 「派遣切り」は5件
 景気後退の影響で自動車関連の製造業を中心とした非正規労働者の派遣切り問題を受け、石垣市が9日付で緊急相談窓口を設置して以降、相談件数は5件にとどまっている。一方、原材料価格高騰対策として中小企業を事業資金を供給する緊急保証制度は同日現在、192件の相談が寄せられた。担当の商工振興課(東迎正則課長)によると、建設業が多く、業界の厳しい経営実態を反映しているものとみられる。  八重山公共職業安...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム