八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

タグ「観測史上最大」の検索結果は以下のとおりです。

観測史上最大相次ぐ 猛烈な雨、轟川が一部氾濫

轟川が氾濫し、道路上で水没する車両。濁流が流れる=8日午前10時ごろ、牧那真(まきなま)橋近く(読者提供)轟川が氾濫し、道路上で水没する車両。濁流が流れる=8日午前10時ごろ、牧那真(まきなま)橋近く(読者提供)
住民生活に大きな影響 土砂災害に警戒呼び掛け
 石垣島地方は8日、梅雨前線や湿った空気の影響で記録的な大雨に見舞われた。石垣市登野城で午前9時20分までの1時間に122.5㍉、西表大原で同9時1分までに97.5㍉の猛烈な雨が降り、6月観測史上最大を記録した。市内では河川氾濫、道路冠水、床下・床上浸水、停電など住民生活に大きな影響が出た。市防災危機管理課によると、車両の水没などで10人が救助されたが、ケガ人はいない。  登野城では午後1時...
本文を読む

波照間で観測史上最大100.5㍉

郡内各地で激しい雨
 八重山地方は6日、前線の通過の影響で曇りや雨の天気となり、波照間空港で6日午前7時40分までの24時間雨量が1月の観測史上最大となる100.5㍉を記録するなど郡内各地で激しい雨が降った。  1時間最大降水量は伊原間で同日午後2時57分までに20.5㍉、波照間空港で同3時2分までに19.5㍉、南ぬ島石垣空港で同2時59分までに19㍉をそれぞれ観測した。  気象台によると、八重山地方は昨年...
本文を読む

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
キーワード検索フォーム